マルチミネラル栄養補助食品サプリメントで若返

0
191
マルチミネラル栄養補助食品サプリメントで若返
マルチミネラル栄養補助食品サプリメントで若返

マルチミネラル栄養補助食品サプリメントで若返

マルチミネラル栄養補助食品サプリメントで若返
『マルチミネラル』は、カルシウム、鉄、亜鉛など、互いに補い合ってはたらく10 種類のミネラルをバランスよく配合したサプリメントです。国が栄養機能食品として規格 基準を定める5種類のミネラル(カルシウム、マグネシウム、鉄、亜鉛、銅)です。

マルチミネラル栄養補助食品サプリメントで若返
参考商品

高吸収マイクロジェルの総合ビタミン

カロテノイドや亜麻仁も含有!

お得な180粒タイプ!

マルチミネラル栄養補助食品サプリメントで若返

Now社の「リキッドマルチジェル」は、ソフトジェルタイプのマルチビタミン・ミネラルサプリメントです。リコピンやルテイン、亜麻仁オイルなども配合されており、女性の方には特に嬉しい配合と言えます。

メーカー

NOW Foods

製品名
Liquid Multi Gels – 180 Softgels (アメリカ製/区分:食品)

内容量・形状
180ソフトジェル

成分内容
(2粒中)

カロリー   10kcal
脂質カロリー   10kcal
総脂質   1g
ビタミンA   10000IU
(40% パルミン酸レチノール/60% ベータカロチン[プロビタミンA 3.6mg])
ビタミンC   300mg
(アスコルビン酸)
ビタミンD   400IU
(コレカルシフェロール)
ビタミンE   400IU
(d-アルファトコフェロール)
チアミン   50mg
(チアミンHCl)(ビタミンB1)
リボフラビン   30mg
(ビタミンB2)
ナイアシン   50mg
(ナイアシンアミド)(ビタミンB3)
ビタミンB6   50mg
(ピリドキシンHCl)
葉酸   800mcg
ビタミンB12   100mcg
(シアノコバラミン)
ビオチン   300mcg
パントテン酸   50mg
(d-パントテン酸カルシウム)
カルシウム   100mg
(炭酸カルシウム、クエン酸カルシウム、アミノ酸キレート)
鉄   9mg
(Ferrochel商標 ビスグリシネイトアミノ酸キーレイト)
ヨウ素   150mcg
(ヨウ化カリウム)
マグネシウム   100mg
(酸化マグネシウム&クエン酸マグネシウム)
亜鉛   15mg
(アミノ酸キレート)
セレン   70mcg
(L-セレノメチオニン)
銅   1mg
(アミノ酸キレート)
マンガン   2mg
(アミノ酸キレート)
クロミウム   120mcg
(アミノ酸キレート)
モリブデン   25mcg
(モリブデン酸ナトリウム)
カリウム   25mg
(塩化カリウム)

有機亜麻仁種子オイル   800mg
アルファリポ酸   35mg
PABA   50mg
イノシトール   25mg
ボロン   500mcg
(クエン酸ボロン)
ルテイン   250mcg
(マリーゴールドエキス)
リコピン   250mcg
(天然トマトエキス)
バナジウム   25mcg
(硫酸バナジル)
マルチミネラル栄養補助食品サプリメントで若返

他成分
ソフトジェルカプセル(ゼラチン、グリセリン、水、イナゴマメ)、大豆レシチン、ミツロウ、ナチュラルバニラエキス

飲み方
食品として1日1~2粒を目安にお水などでお召し上がり下さい。

ご注意

※ 製品ご購入前、ご使用前に必ずこちらの注意事項をご確認下さい。

※ 妊娠中の方、授乳中の方は事前に医師とご相談の上お使い下さい。

※ 鉄の過剰摂取はお子様に重大な副作用を引き起こす恐れがありますので、お子様の手の届かない場所に保管して下さい。

体内にわずかしか存在しないミネラルですが、健康のために重要な役割を果たしています。

しかし、加工食品の利用や外食が多く、栄養が偏りがちな現代人は充分なミネラル摂取が不足しがちになることも。
代表的なミネラル13種類の効果効能

私たちの体の中では作り出すことのできないミネラル。その働きは骨や歯を作る、筋肉や神経が正常に働く手助けする、消化や代謝を助ける、免疫力を高める、など多岐にわたります。

厚生労働省が摂取基準を定めるミネラルは、13種類。それぞれがどのような役割を担っているのか見ていきましょう。
マルチミネラル栄養補助食品サプリメントで若返

主要ミネラル

ナトリウム(Na)

ナトリウム
血液・体液の浸透圧を調整する
.

カリウム(K)

カリウム(K)
神経の興奮を抑える働きをする
血圧の上昇を抑制し、利尿作用がある
.

マグネシウム(Mg)

マグネシウム
動悸や不整脈の予防
骨や歯を強くし、酵素の働きを助ける
脳機能の向上
.

カルシウム(Ca)

カルシウム(Ca)
イライラを抑制して感情をコントロール
する
骨・歯を作る、脳機能を向上させる
エネルギー代謝を行い、脂肪吸収を抑制
する
.

リン(P)

リン(P)
加工食品に含まれる
カルシウムと共に骨・歯の成分
エネルギー代謝、脂質代謝を助ける
.
.

微量ミネラル

鉄(Fe)

鉄(Fe)
疲労回復に効果あり
赤血球のヘモグロビンに多く含まれている
.

亜鉛(Zn)

亜鉛(Zn)
生殖機能や脳機能の向上
免疫力を高める、ホルモン合成を活性化させる
肌のターンオーバー促進
.

銅(Cu)

銅(Cu)
疲労回復に効果あり
赤血球のヘモグロビンに多く含まれている
.

マンガン(Mn)

マンガン(Mn)
骨や関節を形成し、丈夫にする働きがある
.

ヨウ素(I)

ヨウ素(I)
甲状腺ホルモンを構成し、代謝を高める
.

セレン(Se)

セレン(Se)
抗酸化力が高い、アンチエイジング効果がある
.

モリブデン(Mo)

モリブデン(Mo)
肝臓や腎臓において、老廃物を分解する
.

クロム(Cr)

クロム(Cr)
血糖値上昇を抑制
糖の代謝を高め、糖尿病に効果がある
.
.
厚労省が定めるミネラルがとれるサプリBEST5

その症状、原因はミネラル不足かも…!

体と心を若々しく健康に保つために欠かせないミネラル。

それだけに、ミネラルが不足してしまうと体調不良や病気の原因になることも…。以下のような症状でお悩みの人は、もしかしたらミネラルが不足しているのかも知れません。

ミネラル不足の症状
肩や首のこりがひどい
よく頭痛がする
疲れがなかなか取れない
イライラすることが多い
便秘がちだ
食欲が出ない
血圧が高くなっている
貧血で悩んでいる
花粉症などのアレルギー症状がつらい
肌荒れやくすみが気になる etc

ミネラルは毎日の食事からでも摂取することができますが、健康的な生活を送る上で必要な量を食事だけでまかなうのは至難の業。なぜなら、厚生労働省が基準を定めたミネラルだけでも、13種類あるからです。

それぞれのミネラルをバランスよく摂取することで、お互いを補い、より効率的に健康をサポートしてくれます。

だからこそ、毎日の食事に加え、バランス良く成分が配合されたマルチミネラルサプリメントを活用することが大事なのです。
マルチビタミン・ミネラルって何?足りないとどうなるの?

マルチビタミン・ミネラルとは人間のカラダが正常に機能するための微量必須栄養素で、タンパク質、脂質、炭水化物といった三大栄養素と共同で働く事でカラダを正常に機能させています。私たちのカラダを車のエンジンや本体とすると、三大栄養素はガソリンであり、エンジンオイルに例える事ができるマルチビタミン・ミネラルは、まさに車であるカラダを動かし安定運行させる役割を果たす欠かせない栄養素ということが言えます。

マルチビタミンは人のカラダでは作り出せないもので、体内の様々な代謝に関わり生体の機能を正常に保つ補酵素作用を果たす重要な栄養素です。ビタミンはビタミンB群やCなどの水溶性ビタミンと、ビタミンA、D、E、Kの脂溶性ビタミンに分けられ、主に糖質、脂質、タンパク質の代謝(=栄養素をエネルギーに変えてカラダを動かす際のガソリンにする)を円滑にする働きをし、また、血管や粘膜、皮膚、骨などの健康を保ちそれらの新陳代謝を促す働きに関与しています。

ミネラルは人のカラダの代謝に関わる酵素の機能維持に必要な栄養素の一つです。また骨や歯、酵素の構成成分であり、カラダの水分量を調節したり、神経や筋肉の働きを調整するなどの働きもあるので「カラダの潤滑油」的な役割があると言われています。

ビタミン13種とは、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、ビタミンA、B1、B2、B6、B12、C、D、E、K、葉酸のことで、ミネラル12種は 亜鉛、 カルシウム、クロム、セレン、鉄、銅、マグネシウム、 ヨウ素、リン、ナトリウム、カリウム、マンガンです。必要とされるビタミン・ミネラルの種類は健康増進法により定められており、「日本人の食事摂取基準」の中で推奨量や上限量などの摂取目安が定められています。

全体的に不足しても、個々のビタミン・ミネラルの不足によっても様々な不調の形でカラダに出てきます。また現代病とも言われる生活習慣病の幾つかは(糖尿病や高脂血症、心臓病など)、日々の食生活の乱れからくる総合的な栄養状態の悪化が積み重なっていることが、その原因の一つとまで言われています。

またビタミンB1は不足すると、疲労感や脚気、B2、B6が不足すると肌荒れに、ビタミンCが不足すると抵抗力が落ちて風邪を引きやすくなったり、血管がもろくなり歯茎などから出血しやすくなったりと、身近な生活上の悩みにもつながっていきます。
マルチビタミン・ミネラルの選び方

「一度に多種の栄養素を摂ることができるから」という理由で、マルチビタミンやマルチミネラルを摂取されている方は多いでしょう。生命サイクルの核となる必要な栄養素をきちんと摂リ入れる事は元気に生活するための必須条件ですから、サプリメントの中でもマルチビタミンやマルチミネラルをうたったものは非常にたくさん商品化されています。

しかしながら、一般的に多く出回っているマルチビタミン、マルチミネラル商品は、主に「足りていないものを補う」といった視点で作られているものが多いように見受けられます。もちろんこれはサプリメントの基本ですから必要な事ですが、充分にカラダに取り入れて作用させる仕様を考えれば、各栄養素の特長をきちんと知っておく必要があります。例えば水溶性、脂溶性の違いによって全体の摂取する量に対する、排出、もしくは蓄積される特性を考慮して設計されていることが重要になってきます。

さらに一歩進めて必要栄養素の効果を最大限に生かすことを考えると、ビタミンやミネラルは単独で効果を表すものではなく互いに依存して働くものですから、相互作用をきちんと考えた仕様になっているかどうか、といったことにも注目したくなります。

例えば、ビタミンB群は主に糖質、脂質、タンパク質の三大栄養素をエネルギーに変換したり、貯蔵したりする働きがありますが、B群単独で摂っても効率的には働いてくれません。ビタミンEやD、リン、カルシウム、亜鉛も同様です。これらの栄養素はビタミンAの存在がないと働くことが出来ないのです。

女性はカラダの構造上、鉄不足になりがちですが、鉄単品で過剰摂取すると亜鉛の吸収が抑制されます。男性では精力増進のために亜鉛単体のサプリメントを摂取すると、逆に鉄の吸収が抑制されてしまうのです。カラダのためを思って摂った栄養が、逆に別の栄養を奪うことにもなりかねないことを考えると、特別な理由がない限り単体で摂取するよりは、各成分量がきちんとカラダに摂り入れて働くバランスの取れた配合で考えられているマルチビタミン、マルチミネラルを選ぶ方が良いと考えます。
マルチビタミンミネラルの効果は男性よりも女性のほうが効果があるようだ、と言うより効果が在ることが確認されたようです。
男性のかたは残念ながら効果が薄いようです。マルチビタミンミネラルの効果ですが、長期間取り続けることで死亡のリスクが減るようです。女性ですよ。なんでも約4割増しという結果が報告されています。アメリカの研究機関から発表されています。

マルチミネラル栄養補助食品サプリメントで若返
サプリメントはいつ飲むのがいいの?

サプリメントは食事を補うものですから、食事と一緒に飲むのが効果的です。
食事の直前、食中、食後、どのタイミングでも構いません。
朝起きて日中仕事をする人の場合は、朝食時に飲むサプリメントを多くするのがベター。特に1日1回のサプリメントは、朝に飲むものがほとんどです。
夜の仕事の人は、これを夕食時にずらすと良いでしょう。仕事の時間が不規則な人は、仕事の前の食事を一般的な人の朝食に置き換えてサプリメントを飲むのが効果的です。

ビタミンは朝・夕、プロテインは朝食時に

サプリメントは、食事と同じタイミングでとるのが基本的な考え方です。食事と一緒なら、吸収率も良くなるからです。
栄養素は、それぞれに性質がありますから、それにあわせて飲むことも大切です。
ビタミンB群とビタミンCは水溶性で代謝が早く、朝取っても夕方には尿に排出されてしまいますから、朝・夕の補給が必要です。

プロテインは、朝食のときに牛乳やヨーグルトに混ぜて飲むのが一般的です。筋肉をつけたい人、成長期の子供は、夕食時か運動のすぐ後に取りましょう。
ファイバーは、毎食時の補給が理想的です。レシチンは、代謝のためには夕食時に取りましょう。メニューに大豆製品がなかったときには、多めに取ります。

ビタミン、ミネラル、プロテインから始める

必要なサプリメントを最初から全部とるのは大変です。少しずつ段階を踏み、補給する種類を増やしていきましょう。
最初のステップで取りたいのは、マルチビタミン、マルチミネラル(カルシウム・鉄含む)、プロテインです。これらを朝食時に一度に取ります。1日3回という表示のものは朝・昼・夕の食事のときに取ります。

慣れてきたらサプリの種類を少しずつ増やしていく

優先順位1位のサプリメントをとるのに慣れたら、特に効果を感じなくても次のすってぷに進みます。
ここではバラのビタミンとしてビタミンAかβカロテンまたはマルチカロテン、Bコンプレックス、ビタミンC、ビタミンEの4種類をプラスします。

ビタミンAとビタミンEは朝、BコンプレックスとビタミンCは、1日にとるおすすめの量が1個なら朝、2個なら朝・夕、3個なら朝・昼・夕です。
このあたりで、少し体調が良くなったと感じるケースが多いようです。

次のステップでプラスするのはファイバーです。
1日に4~9gを目標に、3回の食事に分けて飲みましょう
最後のステップでプラスするのは、EPA、DHAとレシチンです。おすすめの量が複数であれば朝と夕に分け、1個の場合は夕食のとき飲みます。
それぞれのステップは、1週間くらいを目安に勧めましょう。

容器に明記されている摂取量は必ず守る

サプリメントは、パッケージに、1日のおすすめの摂取量が表示されています。この量は、ほとんどのメーカーが、理想摂取量を超えないように設定しています。この常時に従っていれば、過剰症などの心配はまずありません。

栄養素の量はは同じでも、粒やカプセルなどの大きさによって、メーカーごとに取る数が違うことが良くあります。お勧めの取り方が、毎食後、朝・夕、あるいは1日1回などと指示してあります。一番効果的な飲み方が示されているので、それに従いましょう。

サプリメントは不足した栄養を補う栄養補助食品と考える

サプリメントは、薬ではなく食品

現代の食の問題点である、副栄養素の不足を補い、スムーズな代謝が行われるようにサポートするために作り出されたのが、サプリメントです。
サプリメントは、粒やカプセルの形のものが多いので、薬と同じものと誤解されがちです。
しかし、薬とは治療を目的とした、薬理作用と持つものですが、サプリメントは、食事では補給しきれない栄養を帯びなうものという、決定的な違いがあります。
サプリメントは、食品の一種なのです。食事のようにあ満腹感があったり、味や香り、食管を他の住むものではないという性質からも、食品と薬の間にあると考えると良いでしょう。

サプリメントはローカロリーで栄養だけを摂れるスグレモノ

食事では、十分取れない副栄養素を、別の食品で補おうとすると、摂取カロリーが増えてしまいます。
サプリメントは、カロリーをできるだけ含まず、必要な栄養素だけ尾効率よく補給できるように加工されています。
食品のカロリーのある部分を取り除いて作られた逆加工食品ともいえるのが、サプリメントなのです。

サプリメントのメリット

副作用が少ない

薬に比べて副作用ははるかに少ないので、より安全です。
ただしパッケージに指示された服用量は守りましょう。

携帯に便利

粒やカプセルのものが多いので、普段の外出から旅行、レジャーにも手軽に持っていけます。

食欲がなくても摂れる

病気などで、食事が取れないときや、カロリー制限しているときでも、必要なだけビタミンやミネラルが補給できます。

飽きがこない

味がないのが基本なので飽きることがなく、長期間継続して摂ることができます。

https://www.facebook.com/Hospital.care.health/

マルチミネラル栄養補助食品サプリメントで若返

サプリメントのデメリット

咀嚼があまりない

粒上で、水と一緒に飲み込むのが普通なので、かむことによって得られる満腹感や味を楽しむことができません。

のどに引っかかる

種類によっては粒が大きく、子供や飲み込むのが苦手な人はひっかかってしまうことがあります。

肌荒れ・乾燥肌に効果のあるサプリメント

老化防止アンチエイジングサプリ

太りやすい、肥満でやせたいときの改善法

骨粗しょう症改善・予防方法

疲れが取れないときの改善方法

息切れの改善・予防方法

持久力や持続力アップさせる栄養

貧血を予防改善する

爪が割れる。爪が弱いときの改善方法・原因

落ち込んでいるときやうつ気分のときは

イライラ予防・改善法

ストレスとはなにかを知る

心身症の改善・予防方法

不眠・眠れない改善・予防方法

物忘れの改善・予防方法

人間関係がうまくいかないときの改善方法

禁酒・禁煙のコツ

頭痛に効果のあるサプリメント

肩こりに効果のあるサプリメント

風邪を引いた時のサプリメント

下痢の時の栄養・サプリメント

便秘について。便秘のときに食べるといいもの

変形性ひざ関節症改善におすすめの食事やサプリメントの選び方

変形性膝関節症の特徴

高血圧とは

高血圧におすすめの生活習慣

血糖値とは?糖尿病の簡単なメカニズム

二日酔いに効くサプリの口コミ

サプリメントの効果的な飲み方

マルチビタミン

ビタミンA

ビタミンB

ビタミンC

ビタミンE

カルシウム

たんぱく質

食物繊維

EPA&DHA

レシチン

規定量が決まっている

極端にたくさん飲んだり、他の薬との飲みあわせで副作用が起きることがあります。
服用量を守り、薬との併用廃止や薬剤師に相談しましょう。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here